本文へスキップ

ヒトと動物の健やかな生活のために

電話でのお問い合わせはTEL.0865-63-7021

〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡600-26

おかだ動物病院

院内設備

≪顕微鏡コーナー≫
 糞便検査や尿検査、血液塗抹検査、細胞診検査などで見えたものを、実際にモニターでお見せし、説明を致します。

≪デジタルレントゲンシステム;FCR≫
 レントゲンをデジタル化することにより、拡大、階調変更が自在になり、より詳細に質の高い評価が可能となります。

≪血球計算機・プロサイト≫
 レーザーフローサイトメトリーという最先端の技術により、従来の機械では不可能であった、貧血の病態把握や、白血球の詳細な分類が正確かつスピーディーに行えます。この機械により、今まで以上に動物のコンディションが把握できます。

≪血液化学検査・カタリスト≫
 21項目のスライドを用いて血液を分析することにより、肝臓や腎臓の状態のみならず、脂質や糖の代謝状態が把握できます。
 また、2検体を同時に測定できるため、迅速に結果が得られ、飼い主様をお待たせすることも減り、救急救命にも役立っております。

≪ホルモン濃度測定・スナップショット≫
 従来、甲状腺ホルモンの異常や、副腎皮質ホルモンの異常が疑われた場合、血液を採取し、検査センターへホルモン測定を依頼するというスタイルで、数日間、飼い主様をお待たせしておりました。
 しかしこの機械の導入によりその場で診断、同日、治療開始が可能になりました。

≪血液凝固系検査;COAG2≫
 従来、検査センターに外注していた検査項目ですが、院内で計れるようになったため、迅速に外科手術や腹腔内腫瘤の細胞診の安全性を確かめることが可能になりました。

≪トノペン≫
 眼圧を測定する機器です。早期に治療を開始しないと失明につながる緑内障の早期診断に欠かせない検査機器です。

≪半導体レーザー≫
 レーザーの特性により、その他の手術機器では不可能な、局所麻酔での腫瘤切除やイボの蒸散、痛みの少ない切開が可能となります。

≪血管シーリングシステム;リガシュア≫
 手術中、糸を使わずに血管をシーリングし、切断できる最新機器です。これにより手術時間の大幅な短縮が出来、特に麻酔リスクの高い老齢患者、重症患者にやさしい手術が可能となります。また、糸を使わないため、近年ダックスフントを中心に問題が生じている縫合糸反応性肉芽腫を防ぐことも出来ます。

≪人工呼吸器;ピブレス≫
 人工呼吸器を使用することにより、手術中、より安全に麻酔管理や生命維持を行なうことが出来ます。

≪麻酔モニタ≫
 手術中や重症患者の超音波検査や処置中の生命維持機能の状態をモニタすることにより、より安全に手術や検査、処置が可能となります。

≪レントゲン≫
 小鳥から大型犬まで撮影でき、かつ歯科にも対応できる動物専用のレントゲン機器を配置し、動物へのストレスを減らすため非天板スライド方式のものを選びました。

≪レントゲン透視装置≫
 レントゲン透視装置を使うことにより、気管の虚脱や関節の動きをリアルタイムに評価したり、整形外科の手術中に整復の度合いを随時確かめることが可能となります。

≪コリブリ≫
 整形外科の手術時に使用するパワーツールです。これにより、骨に正確なスクリューホールを開けたり、骨を切断することが出来ます。

≪滅菌機≫
 右側の機械が高圧蒸気滅菌器といって、主に手術器具などの滅菌を行います。左側の機械はホルマリンガス滅菌器で高熱に弱い電気メスやチューブ類の滅菌を行います。

≪超音波診断装置;アロカα7
 レントゲンでは評価できない肝臓の内部構造や腹腔内の詳細な変化がわかります。また、心機能の各種測定や、心内血流の方向性を評価することにより心疾患の早期発見や重症度の判定に役立ちます。

≪小動物集中治療室・3室≫
 これにより、全自動による温度・湿度管理のみならず、高濃度の酸素治療が可能になります。主に心不全患者や、呼吸不全の患者に使用し、術前術後の酸素化療法にも用いることにより、闘病中の動物に優しい環境を提供することが出来ます。下の部屋は大型犬も入れます。

≪ICU専用心電図モニタ≫
 ICU内に入っている重々患者の心電図波形を無線で飛ばすことが可能となります。また、音量調整により、院内のどこにいても重症患者の心拍数を確認することが出来ます。

≪AP水精製装置≫
 院内で多用している消毒液を精製する機会です。この機械で精製されるAP水は、水と食塩から作られる電解水の一種です。
このAP水は、細菌にもウィルスにも殺菌力が強く、環境に優しく、かつ飲めるほど生体にも優しく出来ています。院内では、生体の消毒、入院患者の食器の消毒、入院ゲージや床の清掃もこのAP水を用い院内感染の予防に努めています。

おかだ動物病院おかだ動物病院

〒714-0081
岡山県笠岡市笠岡600-26
TEL 0865-63-7021
http://okada-petclinic.com/
goodpetlife@okada-petclinic.com



メールマガジン会員募集!
臨時休診の案内やちょっと役に立つ情報を配信します。